banner

5LDKの一戸建て

厚木で5LDKの一戸建てを購入するならここに注意

LDKとはリビングダイニングキッチンのことですが、一戸建てを購入するときにはその間取りについていろいろと注意すべきことがあります。それは部屋の広さということです。5LDKの建物を厚木で購入しようとするとそれは結構な広さの建物になりますので、もてあますことになりかねません。

一戸建て購入を失敗する場合で多いのは、リビングやダイニングを十分に広くしてその分収納などを必要最小限に小さくしたほうが便利になります。

しかし脱衣室などが狭すぎると着替えを行うことも一人ずつ行うしかできなくありますので、不便ですし、室内にものを干す場合でもベランダが狭いとものを干しきれない場合がありますので、注意が必要です。

さらに洋室と和室が合体しているところは、和室の面積が狭くなりがちです。中途半端な狭さの部屋というのは使い勝手が悪いので、結局は物置などになってしまいがちです。

そのため中途半端な部屋がありほかの部屋と一緒に使えないというところはやめておきましょう。和室で扉一枚でほかの部屋とつながっているようなところの場合は扉を外すことで広くなりますから、使いやすさは抜群です。

このように新築の一戸建てを購入する場合にはその間取りに注意をする必要があるのは、せっかくの持家なのに自由なライフスタイルを形成し自分の好きなように生きることを断念させられてしまうためです。

家には中途半端になりやすい空間として、トイレや玄関や子供部屋物置などがありますので、それぞれが自分たちの利用する人数に合わせて使いやすい家を選び、必要ならば家の中の扉を取っ払うなどして、使いやすいようにリフォームしましょう。

一戸建てを選ぶときの基準はほかにもあります。

セキュリティや耐用年数です。セキュリティは家自体がある程度の防犯性能を持っていることでそれだけで泥棒はその家への侵入をあきらめますから、セキュリティはしっかりした家屋を選ぶ必要があります。

また耐用年数が長いとそれだけ長い時間底に住み続けることができるということになりますので、リフォームや買い替えの手間を考えると長いほうがお得ですが、もしずっと同じ家に住むのが嫌というならば耐用年数が短い家に住むことで費用が掛からなくなります。

厚木の一戸建てで5LDKの部屋を探した時の相場は抱いた2600万円から3200万円というところです。新築を購入する基準は多くありますが、厚木には5LDK位の家屋は多くありますので、いろいろと見学して検討すべきでしょう。”

Copyright(c) 2018 厚木市の一戸建てが今人気、地価や環境からその理由を教えます All Rights Reserved.