banner

おしゃれな戸建てを厚木で!!

厚木市ではおしゃれな戸建てが実現できるのです

横浜市はモダンとレトロが融合した素敵な街です。また貿易港として栄えた歴史があり、外国文化も沢山流入してきました。

そのため横浜の山手などを見ると、外国人墓地や洋館、旧居留地などが見られ独特のヨーロッパなどの文化が色濃く感じられるのです。

そのためこうした西洋風な雰囲気や建物に憧れ、横浜で洋館風のおしゃれな戸建てを建築しようと考える人も少なくありません。こうした戸建ての多くは注文建築で建設してもらうことになるのです。

しかしただでさえ横浜市の地価は高く、なおかつ注文建築であると建材や建具の輸入で建物本体も非常に高額な費用がかかってくるのです。

そのため建設には7000万円や億単位を覚悟しなければいけないのです。しかしこうした戸建ては誰もが気軽に購入できる物件ではありません。そのため何かを削って、全体の費用を安く抑える必要があるのです。こうした場合、戸建てを建てる立地を見直すと良いでしょう。

例えば横浜市からもう少し足を伸ばし、厚木市などを検討すると良いでしょう。そうすることで地価が安くなり、全体の建築費用がかなり安く抑えることが可能になるのです。

厚木市は田舎というイメージがありますが、人気の小田急線が通っており、町田や新宿への都心へのアクセス、箱根湯元などレジャーなどに一直線で行くことができ利便性が高いのです。

緑が豊富で、学校や大学も多く存在することから子育てには最高の土地柄でもあるのです。何より地価が横浜や川崎よりも安いことから、厚木で戸建てを建築すれば広々とした憧れの庭付き一戸建てを建てる事が可能になるのです。
また地価を安く抑えた分、さらに内装や外観塗装にこだわることが可能になり、理想的なおしゃれな洋館を建築することができるようになるのです。

より横浜山手の旧居留地の洋館を真似たいのであれば、輸入建築を専門に扱っているハウスメーカーに建築を依頼すると良いのです。

手すり一本からステンドグラスにいたるまで、全てイタリアやカナダ、アメリカなどの輸入建材で建築することができるのです。こうした輸入建材を用いることで、よりリアルでおしゃれな洋館に仕立て上げることができる訳なのです。

こうした立地選びを少し視野を広げて選定するだけで、費用を安く抑えることができ、なおかつ夢に描いた通りの洋館を建設することができるのです。また浮いたお金で、庭も造園業を雇いイングリッシュガーデンにデザインしてもらうと良いでしょう。”

Copyright(c) 2018 厚木市の一戸建てが今人気、地価や環境からその理由を教えます All Rights Reserved.