banner

隣人への配慮

厚木の戸建てを計画する場合の隣人への配慮。

戸建てを購入する場合、分譲地等コンクリートで固定され、区画部分が明確である場合はトラブルも少ないように思うのですが、意外と知られていないのが、戸建ての場合、お隣との境界線から我が家はどれ位離すべきか、と言う事です。

厚木で戸建てを計画し、そこで末永く生活する場合にあって、隣人とのトラブルは避けたいと願うのが一般的であると考えます。では、具体的にはどのような事が、隣人とのトラブルの原因となるのでしょうか。隣人とのトラブルは様々な要因が考えられますが、ここでは戸建てに関するトラブルについて触れたいと思います。

先のように、「どれ位離したら良いの」は興味ある事項だと思うのですが、専門的には「外壁後退義務」と呼ばれているのが、今回のテーマです。

この問題は、厚木の戸建て住宅が完成した後に気付くようでは、「時既に遅し」となり、トラブルが発生する可能性は非常に高くなる事が予想されるでしょう。

そこで、民法では外壁後退義務として、50センチメートル離しなさい、と定めているです。この場合、民法で定められている規定とおり離したのだから問題ないだろう。とする考えもあると思いますが、厚木で生活する後日の様々を考えると、お隣さんに図面を持参し、「このような計画ですよ」と会話する機会を設けることが、賢者の策であるとの立場です。

ご自身の計画であり、民法に従い計画しているのですから、他人に説明する必要は無い、文句があるなら出る処へ出て決着だ。との考えも十分に理解可能な主張ですが、ここでは、より崇高な賢者となるために、先方に図面を持参し説明することをお勧めいたします。

何故なら、家作りが始まると、トラブルの種は「履いて捨てる」ほど、毎日発生することが予測されるからです。これ等は一見すると、些細な事のように思うのですが、「大きなトラブルも、その発端は些細な原因」であることが多いのです。そのように考えると、無用なトラブルとなる原因は、小さな芽であっても見逃さない配慮こそが必要となる、と思うのです。

けれど、民法とは不思議な一面も有しているのです。何らかの理由で外壁後退義務である50センチメートルを離すことが出来ない計画の場合にはどうなるか、については双方で「話し合いなさい」としているのです。

つまり、相談する事や、話し合うことが、トラブルの消火器となる事を民法が教えているのだ、と認識していただく姿勢こそがトラブルを防止する最良の特効薬となるのでしょう。”

Copyright(c) 2018 厚木市の一戸建てが今人気、地価や環境からその理由を教えます All Rights Reserved.