banner

必要なメンテナンス

厚木の戸建て住宅に必要なメンテナンス

戸建て住宅はメンテナンスを行いながら使っていくのが基本ですから、厚木の戸建て住宅でも定期的な改修工事を行う必要があります。

戸建住宅には様々な要因によって劣化を進行させる状況が起こりますが、湿度や気温、雪などの自然環境によっても劣化を発生させる原因となります。
特に湿気に関しては戸建て住宅の大敵となりますので、湿気対策は厚木でも重要な部分となるのです。
木造住宅は火に弱いという性質がありますが、火だけではなく水にも弱い性質があります。

火は火災を起こさなければ回避できる要因ですが、湿気は木材の腐食を引き起こしますしシロアリの棲み家になりやすいと言う性質があります。また壁の下地材にカビを発生させてしまうなど、湿度によって起こるトラブルは木造住宅にとって寿命を縮める原因となるのです。

モルタル等の塗り壁は亀裂が入ると水分が内部に浸透してしまいますし、サイディングの目地が痩せてくると同じように水分の侵入を許すことになります。
木造住宅では湿気によって寿命を縮めることに繋がるため、劣化が目に見える前にメンテナンスを行って建物の健全性を高める必要があるのです。

厚木は比較的温暖な地域となりますが、夏場には湿度が高くなりますので湿気対策には万全を期す必要があると言えます。戸建て住宅のメンテナンスは、内壁の張替えなど比較的簡単にできるものから、外壁の張替えなどの大規模な修繕が必要なものまで様々な種類があります。

最近の木造戸建て住宅は高気密高断熱が主流ですから、通気層を持っているなど湿気対策が施されていますが、古い建物は基本性能が劣るため大規模な改修計画が必要になってきます。

手をかければ掛けるほど寿命を延ばすことが可能ですから、定期的なメンテナンスが重要となってくるのです。

メンテナンスの頻度は外壁と内壁では異なりますし、屋根の塗装なども当然のように異なってきます。使用している材質によって耐久性は異なりますが、素人が簡単に判断できるものではありませんので、専門家に見てもらい状況を判断することも大切です。
素人の目線では大丈夫だと感じても、プロの視線で見れば劣化が激しいと判断させることもあるのです。

木造住宅では、構造上重要となる土台や柱など湿気の影響を受ける部分が外からは確認できない作りとなっています。土台や柱に腐食があると耐久性が著しく低下してしまいますので、大規模な改修工事になってしまうため、定期的な点検と改修工事が必要なのです。”

Copyright(c) 2018 厚木市の一戸建てが今人気、地価や環境からその理由を教えます All Rights Reserved.