banner

厚木の戸建てで和室

厚木の戸建てで和室があると良い理由

厚木で戸建てをお探しの方、自由設計でこれから考えるところという方もいるのではないでしょうか。戸建てを購入する時はどきどきわくわくするものです。新たな生活が始まるという方は特に夢や希望でいっぱいなのではないでしょうか。

戸建て物件の情報をいろいろ見ていると、洋室がメインではありますが一室は和室の部屋があるという物件が多くあります。これは戸建てに限らずマンションでも似たような状況です。

一時は和室離れなどという傾向もありましたが、最近はあえて和室中心の間取りにするという方もいます。そうでなくても、住宅の中に一室は和室があるというのは、やはり日本人は畳が落ち着くということでもあるでしょう。なんとなく落ち着くという理由だけでなく、機能性としてみても和室は優秀です。畳の良いところは何と言っても直接ごろ寝ができるとことにあります。

家事に疲れてちょっと一休みするときも、足腰が弱くて休みたいという方も、赤ちゃんをお昼寝させるのも、多目的に使えるのです。特に、赤ちゃんや小さな子どもをお昼寝させるなら、転落することがないので安心して寝かせられます。

また、実家のご両親が泊まりにくるということもあるでしょう。お客様用のベッドルームを用意するのはなかなか難しいのではないでしょうか。そんな時も多目的な部屋があれば、布団を敷くだけでゲストルームとして使うことができます。

友達を招いてみんなで食事をしようという時にも、ダイニングチェアが足りない時はちゃぶ台をみんなで囲めば問題ありません。厚木で戸建てを検討している方の中には、畳の部屋は使わないからフローリングの部屋だけでいいという方もいるでしょう。しかし、畳の部屋は一つあるとこんなに便利なのです。畳は汚れると掃除が大変というイメージがある方も多いでしょう。

確かに、フローリングと違い、目の中に汚れが引っかかってしまいやすいので、ティッシュで一拭きというわけにはいきません。しかし、醤油などの液体もきれいに落とせる方法もありますので心配はないでしょう。
激しく汚れてしまった時は畳ごと新しくするということもできます。フローリングよりもコストが安いので、新調しやすいのも特徴です。

厚木で新しく戸建てを建てたいという方、中古や建て売りを探しているという方は、こういった特徴があることを念頭に置きつつ見学してみてはいかがでしょうか。多目的に使える部屋が一つあるととても便利です。”

Copyright(c) 2018 厚木市の一戸建てが今人気、地価や環境からその理由を教えます All Rights Reserved.